サクラ便り 第3便はひょうたん池です。
今はひょうたんの形ではなく、ほぼ長方形の池となりましたが、
池沿いの桜の美しさは変わっていません。
夜桜のむこうにちょうちんがほのかに灯って幻想的でした。

ここの名物は婦人会の方々がつくるおでんです。
今年もおいしく頂きました。ビールも美味しかった。
おでんの販売は7日で終了です。
食べたい方は お急ぎください!


今日はあいにくの雨です。
桜がはやく散ってしまいそうで心配です。
桜便り 第2便は 丹原の久妙寺の桜です。

山門をくぐると境内は桜のトンネルです。

桜の木の下で一家で花見弁当をいただきました。
土曜日は最高の花見日和でした。
次回もお楽しみに。


さくらが一斉に花開きだしました。
各地で満開宣言が出されています。
松山城の堀端の桜もきれいに咲きました。
毎年 ユーミンの「経(ふ)る時」の世界感を感じようと出かけています。
愛媛県立美術館のミュージアムカフェからの眺めがこの感じです。

♪ 水路に咲く サクラを見に さびれたこのホテルまで ♪

残念ながら この舞台となった千鳥が淵のフェアモントホテルは
今はもうなくなってしましました。

松山城の二の丸公園の桜も満開。
この週末、大急ぎでお花見のはしごをしました。
今日は第一便です。
次回をお楽しみに。


♪そよ風運ぶ 過ぎたざわめき
今は春休み 最後の春休み♪
ユーミンの1979年の作品 「最後の春休み」のフレーズです。

卒業式も全て終わって、今は学生さんは一斉に春休みですね。
それぞれの人生の新たな旅立ちに 幸運をお祈りいたします。

うちの娘達も春休み中で、どっか連れてけ~てな感じで、
少し足をのばして大阪の海遊館へ行ってきました。

まあ、大勢の人でごったがえしておりました。
ジンベイザメもマンタも大きくて素晴らしかったですが、
私のお気に入りは 地味にカタクチイワシの大群。
一糸乱れず、みな同じ方向に向かって整然と泳いでいました。
水族館の中では人間も同じようなものですが、、。
不謹慎ながら このイワシの大群をみて
「さぞかし 良いお出汁がでそう、、。」と感じたのは私だけでしょうか、、。
普段慣れてない人混みに、目が回りそうな大阪旅行でした。


今日はうちの結婚記念日です。しかも20周年!

知人のT君に言われるまですっかり忘れていました。
日々の忙しさとこなつが亡くなったショックで
すっかり抜け落ちておりました。
あわてて、花束を作ってもらいました。

駅前の行きつけの花屋さん「オハナ」さん。
いつもきれいな花束をありがとうございます。

 

 

夕方にはそのT君からお祝いのケーキが届きました。
おかげで素敵な記念日を祝うことができました。
あっというまの20年。
これからも家内安全でがんばります。
T君、本当にありがとう。
(ちなみに、家内も結婚記念日忘れていました。)


秋の夜長に 夜のとべ動物園に行ってきました。
この時期に3日だけの特別夜間開園があります。
鈴虫の音色を聞きながら、涼しい気候で拝観しやすかったです。
昼間、寝てばっかりのライオン、ヒョウ、プーマなどが元気に動き回っていました。
やはり夜行性動物なんですね、、。

 

 

 

逆にペンギンさんはビクともしません。
こちらはもう寝ているのかも。
置物かと思うくらい、、。少し神々しい感じもしたりして。
夜の動物園、貴重な体験でした。
あともう1回だけ 週末の夜間開園があるそうです。
動物好きの人には是非、お勧めです。


神戸紀行の最終便です。
ポートアイランドの中にある神戸動物王国に行ってきました。
犬、ネコ、モルモット、ウサギ、アルパカ、フクロウ、サル、、
もうありとあらゆる動物と直接触れ合える体験型の動物園です。
大興奮の次女は「抱っこできる小さいワンチャンが飼いたい」という始末。
「大丈夫、もう少し大きくなってお姉ちゃんになったら、こなつを抱っこできるよ」
と言っておきました。嘘ではありません。私は抱けます!!

公園内の睡蓮がとてもきれいで、まるでモネの絵の中に入りこんだようでした。

神戸港からコンチェルトという船にのってディナークルーズも堪能してきました。
ジャズの生演奏を聴きながら、ゆっくりと大阪湾をめぐってきました。
明石海峡大橋の夕陽も幻想的できれいでした。
大好きな音楽、きれいな景色、おいしいお酒と神戸ビーフステーキ。
幸せを感じるひとときでした。
(この船に住みたい、、!)

夢から覚めて、いまは愛媛。
やはり田舎のネズミは田んぼに囲まれたクリニックが落ち着くようです。
さあ、明日からもがんばりましょう。

 

 


http://sildenafilcitrate-100mgdose.com/

神戸紀行 第2弾です。

今回は家族でポートピアホテルに宿泊しました。

神戸にあこがれていた小林少年は、
大学1年の時にはじめて神戸を訪れました。
いとこの結婚式でエレクトーン伴奏を頼まれたのです。
当時最高機種のエレクトーンが弾けるとあって、
2つ返事で伴奏を引き受けました。
がんばって完璧な演奏をしたのですが、
最後のあいさつで、新郎のいとこがまさかの号泣!
こちらもつられて、もらい泣き。
最後の退場の曲でコード進行を少しミスった思い出のポートピアホテルです。
ホテルからの朝陽で、そんなことを思い出しつつ、、。

今回の神戸旅行の楽しみの1つ、
神戸市立博物館で開催が始まったばかりの大英博物館展に行ってきました。
連休中もあって、大勢のお客さんで大混雑でした。
黒山の人だかりをかき分けて、人類の至宝の数々をみて参りました。
展示物の中には紀元前のものも数多くあって、
古代の人々の営みを間近で垣間見れるような
不思議な感動を味わってきました。
いつかロンドンの本当の大英博物館に行ってみたいものです。
なんたって向こうは入場無料ですから、、。
(私の好きな世界の博物館シリーズ全50巻、クリニック待合に置いています。)
続きは神戸紀行 第三弾で、、。


シルバーウィークを利用して神戸に行ってきました。
初日は甲子園球場で阪神ーヤクルト戦を観戦してきました。
今治西高時代は甲子園出場はかないませんでした。人生初の甲子園です。
(高校時代に来てみたかった~、、。)
阪神の福留選手の応援に来ましたが、この日は大きな当たりがなく
ヤクルトに2-5で惜しくも負けてしましました。
以前、ブログにも書きましたが、
福留選手がシカゴでのメジャーリーグ時代に
妹一家が仲良くさせて頂いたご縁で、
私サインボールとユニフォームを頂きました。大事に持っています。
終盤戦にむけて更なるご活躍期待しています。

夜のメリケンパークです。
神戸の夜景は素敵ですね。
中学1年でユーミンの「タワーサイドメモリー」を聞いて

田舎者の小林少年は、たいそう神戸にあこがれを持っていたものです。

♪ 霧雨に誘われて、タワーサイドに出れば
最終モノレールが 東の空を流れ ♪

うちの実家で東の空を流れるものと言ったら
カラスの群れぐらいでしたから、、。
神戸紀行の第二弾は また後日に、、。

 

 


京都旅行の最終です。
修復が終わった平等院鳳凰堂。
朱色がまぶしく、優雅に羽を広げているようです。
宝物館や宇治茶のカフェが新たにできており、
ゆっくりと拝観することができました。
内部は撮影禁止でお見せできませんが、
極彩色の空間の中に、金色に輝く大仏様。
まさに極楽浄土です。
楽しい京都旅行でした。
8月も終盤、何だが淋しい気がする今日この頃です。

 


小林耳鼻咽喉科クリニック
〒791-0508 愛媛県西条市丹原町池田109-5 TEL:0898-64-3387