錦織選手、残念でした。
しかし ここまでのファインプレーの数々に勇気をもらいました。
チャレンジングスピリット 忘れずに
私も日々頑張っていきたいです。
これで 本当に暑い夏が終わったようなきがします。
そこで 一句

ゆく夏に 名残る暑さは夕映えを
  吸って燃え立つ 葉鶏頭(はげいとう)

ユーミンの初期の代表作 「晩夏」からのフレーズです。
御近所の庭先の鶏頭が 日ごとに紅く色づいていく今日この頃です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

この4月のブログネタを全て春歌で押し通そうとしています。
4回目はやや地味目な花でヒメジオン。可憐な野菊です。
この時期は野生のハルジオンやヒメジオンが川沿い、道沿いに沢山さいています。
良い気候になってきました。
スギ花粉はだいぶ減ってきましたが、今はヒノキ花粉のピークです。
花粉症の方、もう少しがんばってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1978年 結婚して荒井由実から松任谷由実になった初めてのアルバム。
紅雀の中から 「ハルジョン・ヒメジョン」
とても絵画的で情緒的な曲です。

♪ヒメジオンに埋もれて 口づけをした
土手と空の間を 風が渡った ♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

れんげ畑のこなつです。
そろそろ この企画飽きてきました?
ネタがないので、4月は春歌シリーズでご勘弁下さい。
暖かくなって、ほんと一斉に花々がきれいなこの季節限定といことで、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「守ってあげたい」
1981年のアルバム 「昨晩お会いしましょう」に収録されてます。
私がはじめてユーミンに出会った思い出深い曲です。
薬師丸ひろ子目当てで見に行った ねらわれた学園の主題歌でした。
中学1年の丸坊主頭の小林少年は、
それこそこの曲から世界が変わっちゃたのですから、、。

♪日暮れまで 土手に座り レンゲを編んだ
もう一度 あんな気持ちで 夢を形にして ♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

春歌 第2弾はタンポポです。

散歩の道沿いに、黄色くて小さい花が沢山咲いてます。
綿毛が風にのって飛んでいって、日々黄色い花が増えている印象です。
最近はポカポカ陽気ですね、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1983年のボイジャーからの名曲

ダンデライオン~遅咲きのタンポポ~
♪ 君はダンデライオン 本当の孤独を今まで知らないの
とても幸せな淋しさを抱いて これから歩けない
私はもうあなたなしで ♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日の雨と風でサクラもだいぶ散ってしまいました。
4月になってもまだまだ寒い日が続いておりますが、
皆様お元気ですか?
春からの新企画、「春歌」はじめました。
正式には、、
はこなつとぶらり歩き! ~芽吹く花々、ユーミンのにのせて~」
略して春歌の第一弾はさくら。
このはかない美しさが 日本人の心に残るのですね、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒井由実時代、1975年発売の3rdアルバム「コバルトアワー」から

花紀行
♪ 薄紅がなんてやさしいの 拾い集める人もいないのに
見知らぬ町を ひとり歩いたら
風は空から 花びら散らす ♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

行って参りました。一家でユーミン・コンサート!
新しいアルバムを引っ提げてのPOP CLASSICOツアー松山公演。
2年半ぶりの生ユーミン最高でした。
何たって前列3列目の真正面で、かぶり付きで見れましたから、、。
それにしても60歳でこのパフォーマンス、恐れ入ります。
まだまだ現役で活躍してくれそうです。
ユーミンパワー エネルギーチャージ完了いたしました。
4月からもさらにパワーアップで頑張れそうです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在新書ランキングで結構上位の酒井順子さんの著書
「ユーミンの罪」です。
ユーミンのデビューからバブル絶頂期までの華やかしい時代を
歌詞の内容とともに振り返る興味深い著書でした。
酒井さんはユーミンの母校立教女学院の出身。
著者自身がDEEPなユーミンファンで、恐れいりました。
私の高校時代の親友が東京に住んでいて、
娘さんが立教に通っています。
お正月に会った時も、色々学校のことを教えてくれました。
ありがとう。また教えてね。

今日 1月19日はそんな女神様の誕生日です。
60歳におなりです。 よっ! 年女!
3月のライブに向けて アルバム聴き込んでおります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休中です。皆さんいかがお過ごしですか。
年末に大滝詠一さんが亡くなりました。
突然の悲報に大変ショックをうけました。
高校時代に仲間と組んでいたバンドで
よく大滝さんの曲をコピーして演奏していました。
「さらば シベリア鉄道」が一番好きでした。
私はキーボード担当で、間奏の指使いにはかなり泣かされましたが、、。
カセットがすり切れるほど聞いていた当時がなつかしいです。
バンドのメンバー 元気にしてるかな?
もう一度 彼の新しいアルバムが聞いてみたかったです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は我らユーミン教の信者にとっては特別な週でした。
新しい教典 いえ新しいアルバムが発売されました。
2年8カ月ぶりの待望の新譜です。
冬がはじまるこの季節にはユーミンのアルバムがぐっと心に沁みます。

今回はデビュー40周年の記念アルバムとなりました。
改めて音楽の原点に立ち戻った、珠玉の名曲揃いとなっております。
この数日は、ありがたく繰り返し繰り返し聞いております。
前回のアルバム発売直後に東日本大震災があり、
色々なバッシングの中、彼女はド派手なステージを全国で展開しました。
松山公演の最後に 彼女は「みんな、勇気をありがとう。必ずお返しします。」
と涙ながらに話していました。その答え、しかと受け止めました!
ユーミンなりのレクイエム、アンサーソングにグッときます。
3月の松山公演!楽しみです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は娘達のバイオリンの発表会でした。
2人ともやや難しめの曲に挑戦して、ずっと練習してきました。
今日はベストを尽くした良い演奏ができたようです。
1年間の集大成が無事終わり、安堵しました。
叔母から頂いた花束、2人とも大喜びでした。

えっ?私ですか、、?
昨年の発表会の時に 1人だけ特別枠で出場させて頂きましたが、
今年は練習不足を言い訳に出場しませんでした。
生徒さん達の熱気あふれる演奏を聞いて、自分も頑張らねばと反省です。
来年の演奏会に向けて、お父さんチェロも頑張るぞ~! オー!


小林耳鼻咽喉科クリニック
〒791-0508 愛媛県西条市丹原町池田109-5 TEL:0898-64-3387